ギターメンテナンス

ストラトキャスター ネックのセンターずれの直し方(超簡単メンテナンス!)

Twitterでストラトの画像をアップしていたら、「センターがズレてますね」とご指摘を頂いた。 確かに、見て見ると3弦と4弦の間のドットインレイが、ズレていますよね。

この記事では、ネックのセンターズレの直し方を紹介します。(めちゃ簡単です)

ネックのセンターずれ

私のこのストラトの場合は、ヘッドが左に傾いている状態でした。

3弦と4弦のど真ん中にドットインレイが来ていないと、「ずれ」ている状態です。

ナットから、ブリッジまでは、弦は一直線に張られていますが、ネックのジョイント部分(人間でいうと腰のあたり)を中心に、ヘッドが左右に傾いてしまうと、センターずれの症状になります。

音も伸びないし、1弦の弦落ちとかも発生しやすくなります。

ギターネックのセンターずれ原因

センターずれの直し方

という事で、ネックのセンターずれ、直していきましょう。

まず、弦を緩めてからセットネックのネジを緩めていきます。プレートがカタカタ言うぐらいまで、緩めていいそうです。

カッタウエイのホーン(角)の部分と、ネックの1フレットあたりを左右の手でしっかり握って、戻したい方向へ「えいやー!」です。

戻したい方向に、けっこう力入れて「ぐい!」と押し戻します。

マジで?

こんな乱暴なやり方でいいの?と思いますが、フェンダー公式の直し方だそうです。笑

はい。見事にセンターに戻りました。

そしたら、またネジ締め直して、弦をチューニングしたら、完了です。

いつも、Twitterでお世話になっているCharyさんから、教えていただきました。

ネックのズレが治ったら、音が見違えるように良くなりましたよ。サスティンもいいです。

ストラトや、テレキャスのようなデタッチャブルタイプのギターはどうしても、起こる現象のようです。ギタースタンドとかに立てておいても、起こるらしいので、ベストな保存方法は、壁にヘッドを吊るすタイプのギターハンガーで保管するのがよさそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA