カスタマイズ

Fender テレキャスターのフロントピックアップを交換 (BILL LAWRENCE T-1)

Fender Mexのテレキャスターを使っていたのですが、フロントピックアップの音があまりに非力過ぎて、交換してみることに。

過去に使っていたMoon社のストラトで、めちゃめちゃパワフルで良い音していたビルローレンスのピックアップを取り付けることにしました。

Fender Telecaster

ちなみに、テレキャスターにロトマチックタイプのペグがあまりに頂けなかったので、GOTOHのクルーソンタイプに既に交換済み、&ピックガードも黒の3plyだったので、白の1plyに変更しました。

テレキャスはやっぱりビンテージなルックスが好みです。

ということで、ビルローレンスの「T1」を取り付けていきます。

弦を外して、ピックガードを外したところ。

フロントにハム&P90等が設置できるように、既に大きめにざぐってあるんですね。生産コストを考えたら、どちらにでも使えるボディーになるのだな・・と妙に納得。笑

フロントピックアップをピックガードから外します。

ビルローレンスのT1登場♪

フィルムをはがして・・かなり久しぶりのご対面。Moonのテレキャスはかなり前に手離してしまったので。この、質感・・いい感じっす。

赤がHOT(+)で赤黒がCOLD(-)と見た。(取説も何も入っていないという・・笑)

赤シールドをコントロールスイッチへ。赤黒シールドをボリュームポット裏へはんだ付けしてアースに。

一応、アンプにつないで、ちゃんと音を拾っている?ドライバーでコンコンしてみてチェック。OKですね。

ピックガードに取り付けようとして・・気づいた。。

ボディー下をくぐらせずに、そのままはんだ付けしてしまった。(ストラトじゃないって!ww)はんだ外して、やり直しです。

はい、、ボディー下通すの、大事!

再び、はんだ付けを終えて、ピックガードにマウントです。

サイズもぴったり。OKですね。

弦を張り直して、サウンドチェック。ピックアップの高さを調整していきます。

ルックスもいいですね。テレキャスターはめちゃシンプルな作り&配線なので、作業しやすかったです。

ということで、テレキャスのフロントピックアップを、オリジナル⇒ビルローレンスのT1に乗せなおしてみました。これにて完了です。

やっぱり、テレキャスのヘッドはクルーソンペグが似合う。(私的には。)

以上でございます。

ありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA