カスタマイズ

7500円で入手した”ヤフオクキャスター”にP90を3発載せてみた・・これは、使える♪

ストラトにP90載せてみた

ヤフオクで入手したストラトのカスタマイズです。

【Before】

↑↑↑ヤフオクで売られていた時の写真
↓↓↓ネック交換&P90を3発入れて、レリック加工を施しました。

【After】

最初は、一旦P90を2発で組んでみました。こちらの記事ですね。

P90はフロントとリアのMIXトーンがとりわけ綺麗なので、一旦はフロンとリアの2発で行くつもりだったのだけれど、2ピックアップだと、センター単体の音が出せないのが寂しい。

でも、センターピックアップを入れて、3ピックアップ・5wayにすると、フロント・リアのミックスが出せない。実は、オリジナルのストラトもC+R,F+Cのハーフトーンが個人的にはあまり好きではないんです。

理想は、それぞれ独立したピックアップ単体の音と、フロント・リアのミックスが出せるギター。。なのだけど、そんなの構造上、無理じゃん・・

でも、なんとか両立できないのか?と探していて、見つけたのがコレ。

「スイッチポットを使えば、5wayに加えて、F+Rのミックストーン、F+C+Rのミックストーンが出せる」という夢のような配線。

それがこちら↓↓↓

自分で、何度も配線図を書いたら、しっかり理解できました^^

もう、感極まって、いてもたってもいられない。笑

ということで、P90をもう1機増設して、3発作戦決行です。

やっぱりP90×3発にする~!

まずは、マウント時に綺麗にはめられるように、P90のバネを仕込んで、プラスチック版に一旦ネジで仮止めしておきます。Magi式?・・笑)

一度、3wayスイッチに替えてしまったので、再び5wayスイッチに戻します。

ボックスタイプのセレクタースイッチ、中国製は⑦、⑧のコモン端子が、1個にまとまってます。

左から④⑤⑥、コモン、①②③の順に並んでます。

中国製=粗悪品というのはひと昔前の話だと思っていて。確かに、日本人の感覚でいくと、アバウトな部分はあるし、出来・不出来のムラも多いのは事実。

とはいえ、多くのギターメーカーや、部品メーカーの下請けは実際のところ中国で回っていて、数々のOEMを作っている技術は持っているわけで、全てが悪いわけではないと思っています。

ポット類をピックガードに取り付け。ボリュームのところに、タップスイッチを持ってきました。ストラトのノブはハット型なので、プッシュ・プルだと、どうしても滑る。曲中では使いにくいです。

そこで、今回は250K,プッシュ・プッシュを入れました。プッシュ・プッシュ型なら、押しポンで、ON/OFFできるので、これなら問題なく使えるという結論です。

Musiclily Proブラスミリ規格フルサイズ
スプリットシャフトプッシュ・プッシュスイッチ付き コントロールギターポット
Musiclily Proブラスミリ規格フルサイズ スプリットシャフトプッシュプッシュスイッチ付き コントロールギターポット B250KΩ、Bカーブ

個人的には、「ミニスイッチ」が一番操作しやすいかな・・ポットにスイッチ機能を複合させると、ON・OFF時に、ボリュームやトーンの設定まで変えてしまう可能性のあるわけで。

ARIA ProのS-S-Hのストラトは、リヤのハムのコイルタップスイッチは、ミニスイッチが別途ついていて、めちゃ使いやすい・・

今後は、ミニスイッチという手も、視野に入れて改造していこうと思います。

さて、ピックガードにポットを組み込みます。今回はボリュームノブのところに、タップスイッチを持ってきました。

フロントとリアが逆になっていないか?リアだけつないで、ピックアップをドライバーでコツコツしてみて、セレクターの位置と通電を確認します。OKですねーー^^

これ、やっておかないと組み上げてから「逆?!」みたいなこと、よくあるので。笑

あとは、配線図通りに線をつないで、はんだ付けしていきます。

キャパシタはオレンジドロップのP90用の033にしました。(この画像、キャパシタのアースをボリュームポットにつないでますが、間違いですね。汗。。

トーン1⇔トーン2につなぎ直しました。

組上げる前にサウンドチェック

セレクター⇔各ピックアップとトーンが全て間違いなくつながったか?仮で弦を張って、サウンド最終チェック。

OKなので、組んでいきます。ここで、P90の”Magi式”仮止め作戦のおかげで、最適な位置に配置できます。

なにせ、ストラトのシングルのようにピックガードにぶら下がってないので、ボディーへの位置が1~2mmズレると、ピックガードを被せたときにP90が傾いてしまい、後で高さ調節ができなくなってしまうので。

位置が決まったら、ボディーに本止めします。

OK!キレイに決まりました!

ストラトにP90×3発・・なかなかルックスもいいw

うん。なんか、強そう。。笑

なかなか、ルックス渋くて、カッコイイ感じの1本になりました。やはり、白ピックガードには、クリーム色のソープバーより、黒の方が、引き締まって見えますね。

あとは、弾きながら、時間をかかけて微調整して、ベストな状態に追い込んでいきます。

なんちゃってレリックも施し、いい感じに仕上がりました。では、早速音出しです。

P90×3発搭載完了→音出ししてみました!

ヤフオクキャスターのカスタマイズお品書き・・・

・ヤフオクキャスター・・・7500円
・ネック交換・・・4000円
・P90×3発・・・3000円
・オレンジドロップ033・・・1400円
・タップスイッチ(push/push)・・・2000円

計:17900円ほど。

タップスイッチで5wayに加え、
F+Rのミックス
F +C+Rのミックス

が出るようにカスタマイズしました。

動画の音は
→R
→R+C
→C
→C+F
→F
→F+R
→F+C+R

の順で鳴らしてます。

クラプトン先生の曲は

→R
→C
→F
→F+R
→F+C+R

最後のドライブ系は
バッキングR ソロC の音です。

これは、弾き込んで、育てたいなぁ。。

やっぱり、P90の音、好きだわ・・・

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA