カスタマイズ

タップ付きポットVSミニスイッチ どっちがいいか?問題|スプリット配線・7way配線タップスイッチ・ミニスイッチのメリット・デメリットと

タップ付きポットVSミニスイッチ どっちがいいか?問題

7way配線する時に、タップスイッチが必要なので、あれこれWebで勉強した結果、タップ付きのポットを採用することにしました。

タップスイッチ付きポットに交換

250kポットや500kポットにそれぞれ、タッピングできるようになっているものが各社から出ています。中国製で、安価だけれど高品質なものもあるのでめちゃめちゃ便利ですね。

タップスイッチ付きポットを使う事で、5way⇒7way(ストラトで、フロント・リアのミックスとか、F+C+Rのミックスとかが出せるようになります)だったり、ハム⇒シングルへのスプリット配線だったり、様々なバリエーションが可能になります。

細かい配線図とかはまた別途ページを設けるとして、今日はタップ付きポットVSミニスイッチ どっちがいいか?問題について、今の時点での私なりの考えをまとめようと思います。

タップ付きポットには、プッシュ・プル型とプッシュ・プッシュ型がある

タップ機能付きのポットにはON/OFFの切り替えの動作に2つのタイプがあります。

1)プッシュ・プル型

ポットをプッシュ(押し込んだ状態)=OFF、プル(引っ張った状態)=ONという設定のものが最も多く、バリエーションも豊富。容易に手に入ります。

Musiclily Proブラスミリ規格
プッシュ・プル スイッチ付きギターポット
プッシュ・プル スイッチ付きギターポット

2)プッシュ・プッシュ型

プッシュ・プッシュ型はプッシュ・プルより価格は高めです。とは言っても、2000円前後ではありますが。

Musiclily Proブラスミリ規格フルサイズ
プッシュ/プッシュスイッチ 付き コントロールポット
プッシュ/プッシュスイッチ 付き コントロールポット

ギターの本数が多い方は、それぞれカスタマイズしようとすると、それなりのコストは考えないといけないですね。

まずこのプッシュ/プッシュタイプを1本設置してみましたが、とにかく使いやすいです。

プッシュプッシュ型のメリット

押す、という動作だけで、ON/OFFが切り替えられるので、操作が楽です。

ピックを持ったまま、演奏中に空いてる指で「ポン」と押せば、ON/OFFが切り替えられる。

これなら、神経を奪われずに、演奏に集中できますよね。

特にストラトのコントロールノブはハット型で、ノブが先端に向けてすぼまっているので、「プル」しにくいです。

これは、プレイ中にストレスなので、やはりポットスイッチは「プッシュ/プッシュ」と思います。

プッシュプッシュ型のデメリット

プッシュ・プル、プッシュ・プッシュどちらにも言える

ボリューム・トーンのいずれかにタップ機能を併用させないといけないので、タップした後に、設定(ノブが回ってしまっていないか?)をどうしても確認したくなります。

ほんのちょっとしたことですが、気になるとどうしてもひと手間取られますね。

また、カスタマイズを数こなしている方の話を聞くと、「プッシュ・プッシュ型は故障しやすいので、プッシュ・プルの方が安心ですよ」・・とも。

まずはと思って、プッシュ・プッシュ型に改造してみたのだけれど・・これは、実際に自分で使ってみて、耐久性を確認したいと思います。

どれぐらいもつか?は試してみる必要はありそうですね。

ミニスイッチなら、独立したレバースイッチでOFF/ONできる

タップ付きポットを購入してから、気づいたのがこの「ミニスイッチ」

ボリュームやトーンとは別の所にトグルスイッチのようなレバーを取り付けて、コイルタップや、配線レイアウトの切り替えを行うというものです。

ギター/エフェクター/電子回路用 ミニスイッチ
ON-ONタイプ 2回路2接点6ピン ブルー (2個セット)
ギター/エフェクター/電子回路用 ミニスイッチ ON-ONタイプ 2回路2接点6ピン ブルー (2個セット)

これなら、ボリュームを動かしてしまう心配もなく、スイッチのレバーの位置(向き)を指でも確認できるので、暗いステージでも操作ミスが無い。

ストラトなら、1V、1Tに配線してしまい、余ったトーンポット用の穴に、ミニスイッチをつける・・という配置だとお手軽にミニスイッチを入れられます。

メリットしかない・・という気がします。

ただし、1V、2Tを崩しなくない場合は、ミニスイッチ用の穴をあけないといけないですね。

ピックガードにサーキットが載っているストラトタイプなら簡単だけれど、レスポールに取り付けるとなると、どれかポットを一つ抜いて、ポットの場所にミニスイッチを入れ込んで配線にするか、新たにミニスイッチ用の穴をボディに開ける必要が出てきます。

テレキャスターとかだと、つけようが無いか・・ってか、テレキャスだとミニスイッチいらないか? とはいえ、人によっては「シリーズ配線」とかもやられる方はいるので、その場合はタップ付きポットになりますね。

配線図は、ポットの上に乗ったタップスイッチと同じ構造、同じ配列になっているので、分かりやすいです。

ミニスイッチ配線図
画像出典:Frontisland CustomGuitarWorksさま URL:https://frontisland.com/reference-book/switch-configuration/

 

次の改造では、P90を3載せたストラトで、このミニスイッチバージョンを試してみようと思います。

今日は一旦考察まで。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA