カスタマイズ

ES335のトグルスイッチを90度回転させてみた結果がスゴかったw

ES335のトグルスイッチを90度回転させてみた

ES335のトグルスイッチを語る前に、レスポールのトグルスイッチの話が大事でして。笑

レスポールのトグルスイッチは、プレイ中でも、右手の動線上にあって、しかも、上下でネック・ブリッジのPU切り替えになっています。

レスポールのトグルスイッチ

これって、めちゃめちゃ操作しやすいですよね。

右手振り上げた時に、そのままの手の動きでスイッチ切り替えができます。

で、レスポールから、335に持ち替えるといきなり操作しにくいんです。トグルスイッチの位置が・・

最初は慣れの問題と思っていましたが、

♬ちがうちがう
そうじゃ、そうじゃな~い~♪

と。

なぜ、ES335 のトグルスイッチは使いにくいのか?

レスポールに対して、ES335のトグルスイッチは、ボリュームノブのそばにあり、右手を振り下ろした更に後ろ側。通常だとテールピースの下に配置されてます。

そもそも、プレイ中の右手の動線から外れたところ、演奏中には右手が行かない場所にあるわけです。

ES335のトグルスイッチ

しかも、この場所でネック(上)・ブリッジ(下)に切り替えるのって、動作経済から考えても明らかに「ロス」が多い場所と向きだと思います。

どれだけ使っててもめちゃめちゃやりにくくて、ずーーーっとストレスでした。「慣れれば・・」と思ったけれど、慣れないよ。笑

ピッキングやストロークする右手の動きに対して、335のトグルスイッチに手が行くときは、手は指にピックを持って真下向いた(地面に向かって伸ばした)状態なので、ここから、トグルスイッチを上下に動かさないといけないわけです。

どう考えても、手の動きとかみ合わないです。

もし、レスポールのトグルスイッチが「上下」ではなく、「左右」だったら使いにくくてしょうがないと思いません?笑

レスポールの位置で、左右のスイッチじゃ、絶対に右手の動線とかみ合わないですから。

レスポールのトグルスイッチの操作性の秀逸さと比べると、明らかに「335のトグルスイッチの配置は欠陥!」と思えるほど操作がしにくい、、と感じていたわけです。

レスポールを弾いている時は「Gibsonって、ここまで計算しつくしてるんだな!」と感動さえ覚えましたが、335弾いてみると「あら?レスポールは偶然だったの? Gibsonさま・・335はなんとかならなかったの?」という疑問の念がぬぐえません。。笑

いっときは「レスポールと同じ位置にトグルスイッチ持ってくるように、「穴、ブチ抜いて配線カスタマイズできないか?」と真剣に考えたりもしたのですが。笑

思いついた!ストラトみたいに、横向ければいいじゃん!って。

でも、今日ずっと弾いていて・・いきなり思いついてしまったっす。

「トグルスイッチを90度回転させたら、良くね?」って。

あまりに嬉しくて、動画撮ってみましたさ。笑笑

ストラトみたいに、ちょい、斜めに角度つけて、手前に倒すとネックPU,後ろに倒すとブリッジPU・・ってな具合に!

はい。レンチ1個で簡単に出来ました。笑

ナットを緩めて、90度回転させて、ナットを締めて完成です。

実際にはストラトと同じぐらいの80度ぐらいですかね。。完全にギターと並行よりは、ほんの少しネック側を高めの角度で固定。fホールの方向と平行ぐらいの傾き加減がベストでした。

これで、完全に右手の動線に沿った動きで、トグルスイッチを操作できます。

なんで、こんな単純なことを、ずっと長い間思いつかなかったのだろう!?

コロンブスの卵だったw

フロント(ネック)PUです。↓↓↓

335のトグルスイッチを回転させた

後ろに倒すとリヤ(ブリッジ)PU↓↓↓

335のトグルスイッチを回転させる

なんとも、無駄な動きがありません!右手が下がった状態で、リヤ側、フロント側にそのままの手の左右(前後)の動きで操作できます。

めちゃめちゃ弾きやすくなりましたよ^^

この位置、この向きなら、ストラトよりストレスないぐらい操作しやすくなっちゃいました。

SE335をお使いで「トグルスイッチ」にストレスを感じている方、騙されたと思ってやってみてください。笑

※回転させる時にリード線のゆとりがあるか?は必ず確認してくださいね。あと、中に落とさないように!fホールに指を突っ込んでの作業・・辛いですから。w

カスタマイズはあくまで、自己責任でお願いしますm(_ _)m

これにて、一件落着!

という訳で、現場からは以上です(๑’ᴗ’)ゞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA